入札

愛媛県の入札に参加したい!入札手続きや注意点など徹底解説

今回は、愛媛県の入札に参加する方向けに、重要ポイントをまとめました。

この記事では、

落札に近付く提案を作るための入札傾向分析

・募集中の入札情報の探し方

・意外と大変な事前準備

について、説明しています。

愛媛県での自治体ビジネス拡大とそのための入札参加に、ぜひこの記事をご活用ください!


落札に近付く入札傾向のつかみ方

まず、落札するには入札の募集理由や過去の入札案件を調べることがおすすめです。
なぜ入札募集理由を知ったり過去の入札結果を調べることが必要なのか、詳しく解説します。

地域の実情を知ろう

落札者として地方自治体から選ばれるのためには、「入札を募集する本当の理由」を理解していることが大切です。

一見すると、少しでも安い入札額を提示した入札参加者が落札するように見えるかもしれません。

しかし現在、地方自治体の入札では価格だけでなく、品質も比べながら落札者を選ぶ方式を採用しているところがほとんどです。

ここで「品質が高い」と評価されるのは、現在の地域の実情に適した提案ですね。

つまり、落札に近づくためにはまず地域の実情を調べることが大切です。

地域の実情と入札傾向の関係

なぜ地域の実情が入札で重要なポイントになるか、地方自治体の立場になって考えてみましょう。

地方自治体の知事や市町村長、職員の仕事は、地域特有の問題を解決するために税金を使うことです。

発注先事業者を決めるときには、

✔︎ 落札者の提案内容は地域の実情にあっているか?
✔︎ 提案内容を地域住民に説明して納得してもらえるか?

を考えます。

地域の方々が困っている実情を理解しなければ、入札のニーズに沿った提案はできません。

つまり、地域の問題を解決する、かつ地域住民の納得できる提案が採用されやすいといえるでしょう。

地域の実情とは、

  • 地形や気候
  • 少子高齢化の進み具合
  • 主要産業
  • 守りたい地域文化や地域の歴史

などです。

しかしこれだけでも、地域によって大きく違いますよね。

希望エリアで落札するためには、ターゲットとなる自治体の実情を把握することが大切です。

入札傾向を具体的に調べてみよう

落札するには、地域の実情にあった提案をする必要があります。

地域の実情を調べる方法は、次の2つ。

・地方自治体長期計画や知事の発言を調べる。
・過去の入札結果を調べる。

大きな方針は、地方自治体の長期計画や知事の発言を調べるとわかりやすいです。

これらを踏まえて、さらに具体的な入札傾向を読み込むには、「過去の入札結果を調べること」をおすすめします。

過去の入札結果の中でも、以下は特に重要。

  • 具体的にどのような発注が行われているのか?
  • どのようなライバル事業者がいるのか?
  • 落札した事業者の特徴は?
  • 落札した理由は?

上記の情報から、ターゲットとなる地域が必要とする提案を把握し、傾向と対策を考えることができるためです。


愛媛県の入札結果の調べ方

ここまでお伝えしたように、愛媛県における過去の入札結果は、地域の実情や入札傾向を知る手がかりになります。

愛媛県は「えひめ電子入札共同システム」で入札結果を公開しています。

えひめ電子入札共同システムとは

えひめ電子入札共同システムとは、電子入札や入札情報をまとめた入札専用システムのこと。

このシステムは、愛媛県だけではなく、愛媛県内の市町が共同して運営しています。

愛媛県内の市町とは、松山市、今治市、宇和島市、八幡浜市、新居浜市、西条市、大洲市、伊予市、四国中央市、西予市、東温市、上島町、久万高原町、砥部町、内子町、伊方町、愛南町です。

※今後システム変更や管轄する自治体の範囲の縮小拡大などの可能性もあるため、最新情報を確認してください。

えひめ電子入札共同システムで検索できる入札方式・契約方式は次のとおりです。

分類 内容
工事
  • 通常型一般競争入札 
  • 事後(入札後)審査型一般競争入札 
  • 指名競争入札 
  • 随意契約
委託業務
  • 通常型一般競争入札 
  • 事後(入札後)審査型一般競争入札 
  • 指名競争入札 
  • 公募型プロポーザル方式 
  • 標準プロポーザル方式 
  • 随意契約
物品・役務
  • 通常型一般競争入札 
  • 指名競争入札 
  • 随意契約 
  • 随意契約(少額)

※今後、入札方式・契約方式の範囲の縮小拡大があるかもしれませんので、最新情報を確認してください。

入札結果を具体的に調べてみよう

それでは、一緒に入札結果のある場所をたどっていきましょう。

愛媛県公式サイトを開いてください。

(出典 愛媛県

「県政情報」をクリックして、スクロールしてください。

(出典 愛媛県

「入札」をクリック。

ここには入札関連の情報がまとめてあります。

(出典 愛媛県

「入札システム」をクリック。

(出典 愛媛県

えひめ電子入札共同システムが出てきます。

先ほど紹介したとおり、このシステムで電子入札の案内と過去の入札結果がまとめてあります。

入札情報公開システムには、「工事・業務」「物品・役務」があります。

これらは愛媛県が決めた分類です。

今回は、「工事・業務」を開きます。

(出典 愛媛県

「調達機関」にカーソルを合わせると地方自治体の一覧が出てきます。

今回は「愛媛県」を選び、下の「確認」ボタンをクリック。

(出典 愛媛県

入札情報公開システムが出てきますので、左のメニューから「入札結果」をクリック。

検索画面が出てきたら、検索欄に希望の条件を入力し、検索してみてください。


愛媛県が募集する入札案内はどこにある?

それでは実際に、募集されている入札情報を探してみましょう。

愛媛県の入札情報は、次の2つに分けてあります。

募集する入札情報 内容
入札見通し まだ正式に募集を始めていないけれど、今後募集する予定の入札情報
入札予定 正式に募集をしている入札情報

発注見通し

発注見通しが公開される理由は、金額が大きかったり、大規模な発注である入札は、入札に参加する側にとっても準備が必要であるためです。

主に、土木工事や建設工事などが多いです。

これらは、愛媛県公式サイト内でまとめられています。

先ほど開いた愛媛県公式サイト「県政情報」「入札」をみてください。

(出典 愛媛県

「入札システム」「入札情報(物品・委託)」「入札情報(建設工事等)」の3つがあります。

※発注見通しは「入札情報(物品・委託)」「入札((建設工事等)」で公開されます。

「入札(建設工事等)」をクリック。

(出典 愛媛県

ここで公開されている一覧表に「発注見通し」があります。

現在募集中の入札案内

それでは、現在募集中の入札案内を探してみましょう。

こちらは、先ほど紹介した「えひめ電子入札共同システム」で検索します。

(出典 愛媛県

入札情報システムに入札案内があります。

今回は「工事・業務」を選びますが、「物品・役務」も検索方法は同じです。

(出典 愛媛県

「入札予定」をクリック。

検索画面が出てきますので、希望の条件を選び検索してみてください。

この他には、「NSJJ入札情報検索サービス」で検索する方法もあります。
入札募集を確認するとき、あわせて活用してみてください。


愛媛県の入札で必須の事前準備は?

入札結果から、地域の実情や入札傾向を読み解き、実際に募集されている入札案内を探す方法を紹介しました。

もしかすると、すでに理想的な入札案内を見つけた方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、ここで注意が必要です。

実は入札に参加するには、以下のような3つの事前準備が必要です。

準備1, パソコン環境・ICカードの準備

準備2, 競争入札参加資格の取得

準備3, 利用者登録

これらの準備は、まだ入札参加に慣れていない場合は、意外と時間がかかってしまうかもしれません。

事前準備をひとつひとつ説明していきます。

準備1, パソコン・ネット環境・ICカードの準備

電子入札では、パソコン上で入力しインターネットを通じて入札参加を行います。

そのためパソコンに不具合があったり、愛媛県が推奨する仕様に満たない場合は、入札手続きができなくなるかもしれません。

愛媛県の最新版の推奨仕様を確認し、準備してください。

推奨されるパソコン・ネット環境の項目は次のとおり。

  • パソコン本体
  • CPU
  • メモリ
  • HDD
  • 外部端子
  • モニタ
  • OSブラウザ
  • 電子入札専用ソフト
  • 接続回線
  • ウイルス対策ソフト

などです。

特に注意するのはICカードの購入や登録、更新です。

ICカードは「入札参加者の個人識別」のために必要です。
一部、ICカード不要の入札案内があるかもしれませんが、ICカード必須の入札がほとんど。

具体的なICカードの内容は、愛媛県が指定する認証局に問い合わせる必要があります。

申請内容と違う場合は、ICカードに不具合が出る場合があります。

すでにICカードの登録が済んでいる場合は、登録内容をチェックしておいてください。

準備2,競争入札参加資格の取得

もっとも時間がかかる作業は、この競争入札参加資格の審査です。

競争入札参加資格の審査は、入札参加者が落札した後、本当に契約を実行できるかどうかをあらかじめ調べるものです。

審査で注意するのは次の3点。

  • 自治体や業務分類ごとに新しく審査が必要になる場合がある。
  • 決まった審査期間がある場合があるので、〆切に注意する。
  • 事業者の規模によって提出書類が変わることがある。

書類の再提出を求められる、審査期間が長くなるなど、意外と時間がかかります。
スムーズに進めるためにも、早めの準備をおすすめします。

準備3,利用者登録

愛媛県の利用者登録は2つの作業があります。

  • 利用者登録申請書の提出
  • えひめ電子入札共同利用システムへの利用者登録

上記はシステム変更の可能性もあるため、最新版のマニュアルを必ず確認して登録作業を行いましょう。

愛媛県の入札参加における注意点

先ほど紹介した3つの準備に共通した注意点は、次のとおり。

注意1 最新版のマニュアルを必ず確認すること。
注意2 提出期限に要注意。
注意3 窓口が開いている時間・システム稼動時間に注意する。

注意1 最新版のマニュアルを必ず確認する

先ほど紹介した細かな手続きは、頻繁にシステムや規則が変更されることがあります。
提出書類の様式が変更になることも少なくありません。

書類の準備作成のやり直しになるため、必ず最新のマニュアルを確認してください。

注意2 提出期限

書類の提出がある場合は、必ず期限を確認し時間に余裕を持って提出してください。

注意3 窓口が開いている時間・システム稼動時間

個別の相談や直接書類を提出する場合など、窓口の業務時間をあらかじめ確認しましょう。

電子入札システムなど、システム稼働時間も確認する必要があります。


まとめ

今回は、愛媛県で自治体ビジネスを拡大する方に向けて、入札参加のポイントや注意点をご紹介しました。

もっとも重要なことは、「最新版のマニュアル・様式を確認すること」です。

入札業務に関する規則やシステム操作方法は、頻繁に変更があります。

意外と時間がかかってしまうため、早めの事前準備を心がけましょう。

もっと伸ばそう!自治体ビジネス無料資料ダウンロード

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事