入札

鹿児島県の入札に参加したい!入札手続きや注意点など徹底解説

鹿児島県の入札参加を検討する方にとって、入札の仕組みは複雑かもしれません。

入札に向けて準備するとき、特におすすめなのは「鹿児島県における過去の入札案件を知ること」
過去の案件には重要ポイントが多数あり、実際に以下のようなメリットがあります。

  • 鹿児島県の入札傾向を理解しやすい。
  • 理想的な入札案件を見つけやすい
  • 準備を早く始めやすい。

そこで今回は、

✔︎ 茨城県の入札傾向を調べる方法
✔︎ 現在募集中の入札案件を探す方法
✔︎ 入札に必要な準備

について徹底解説。

鹿児島県の入札に参加するときに、ぜひ活用してみてください!


鹿児島県の入札の傾向をつかむには?

競争入札に参加する場合、入札において高く評価される提案を作るには入札傾向」と「地域の特性」を理解する必要があります。

それでは、地域の特性を知ることのメリットとなぜ入札傾向に現れるのか説明します。

地域の特性に左右される入札

地域の特性を理解しておくと、なぜ競争入札で有利になるのでしょうか?

そもそも、地方自治体が発注する仕事自体は、すべて地域独自の行政課題を解決するためのものだからです。

特に広く公募される入札では、地域独自の行政課題をもっとも解決してくれそうな事業者を落札者として選びます。

行政課題は、その地域だけの特性に左右されることが少なくありません。

地域特性は例えば、

  • 地形や気候
  • 人口動態・少子高齢化の進み具合
  • 主要産業
  • 歴史・地域文化

などがあります。

それらが複雑に絡み合い、唯一無二の地域が生まれます。

この特性を知ることで、地域や自治体の視点・課題を理解することができ、入札でも有利になるのです。

入札傾向を具体的に知るには?

それでは入札を有利にするために、地域特性はどう理解すればいいでしょうか?

方法は次の2つ。

1.知事の発言や自治体の長期計画などを調べる。

2.過去の入札結果を調べる。

確かに、地域の代表である知事の発言や地方自治体で発表されている長期計画を理解することは重要です。

しかし、知事や自治体方針は総合的なビジョンを表しており、直接入札について理解することは難しいかもしれません。

入札に絞って効率よく知るには、「過去の入札案件を調べること」をおすすめします。

実際に入札結果をみると、次のような重要情報を得ることができます。

  • 過去の発注はどのような内容なのか?
  • ライバル事業者はどのような事業者なのか?
  • 落札した事業者の強みは?
  • 落札した理由は?

上記のような情報があれば、自治体側の意図を理解しやすいですよね。

鹿児島県の入札結果の調べ方

入札を有利にしたい場合はまず地域特性を理解し、そのためにも過去の入札結果を調べることが効率的だと説明しました。

では、鹿児島県の入札結果情報がある場所はどこでしょう。

鹿児島県の入札結果は、鹿児島県内すべての自治体の情報をあつめた次の場所にあります。

入札結果のある場所 内容
かごしま県市町村電子入札システムポータルサイト 鹿児島県と鹿児島県内の市町村の入札情報について検索ができます。

希望の条件を入力して検索できます。

かごしま県市町村電子入札システムポータルサイトは都道府県の全体だけでなく、鹿児島県内にある市町村ごとの入札情報も検索できる便利なサイトです。

現時点では、鹿児島県庁公式ホームページからはリンクされていません。
そのため、「かごしま県市町村電子入札システムポータルサイト」で検索してみてください。

入札情報を検索する方法

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう。
「かごしま県市町村電子入札システムポータルサイト」
を開いてください。

(出典 鹿児島県

入札結果の入り口は、次の2つです。

入り口 内容
入札情報サービス(工事・委託) 土木工事や、建築コンサル、測量、地質調査などの入札結果が紹介されています。
入札情報サービス(物品・役務) 物品や役務の入札結果があります。

物品とは、使用期間が短期のもの中長期のものを含めた消耗品や備品です。

役務とは、清掃サービスや機械警備システムなどです。

探したい入札結果が、「工事・委託」なのか「物品・役務」なのかわかりにくい場合は、両方ともチェックしてみることをおすすめします。

(出典 鹿児島県

開いたら、左上の「入札結果」をクリック。

検索したい条件を入力して検索してみてください。

ここで、「入札結果」と「契約結果」とがありますね。
この違いは次のとおりです。

入札結果 入札の落札者が決まるまでの情報
契約結果 落札者と鹿児島県が、その後どのような契約を結んだのかについての情報

「契約結果」も見てみるとさらに多くの情報が得られます。


現在募集中の鹿児島県の入札案内はどこにある?

それでは、入札参加者を募集する「入札案内」はどこにあるでしょうか?

鹿児島県の入札案内の情報がある場所は、2つあります。

入札結果のある場所 内容
①鹿児島県公式サイト 鹿児島県のみの入札情報が、新しいものから掲示されています。
②かごしま県市町村電子入札システムポータルサイト 鹿児島県だけでなく鹿児島県内の市町村の入札情報について検索ができます。

希望の条件を入力して検索できます。

これら2つの場所には、基本的に同じ情報がありますが、それぞれメリットが異なります。

①鹿児島県公式サイトの入札一覧表を見るメリット

  • 新しい順に掲示されているので、最新の情報をみやすい。
  • 同じ公式サイトのページに、鹿児島県の入札制度に関する情報が多い。

②かごしま県市町村電子入札システムポータルサイトを見るメリット

  • 鹿児島だけでなく鹿児島県内の市町村の情報も検索できて便利。
  • 希望の条件に絞って探すことができるため、目的が明確な方にとって便利。
  • 大量のデータを一気に見ることができて便利。

※検索しにくい場合は、「入札情報サービスNJSS」で検索する方法もあります。

それでは、実際に鹿児島県の入札案内を1つずつ調べてみましょう。

①鹿児島県公式サイトから入札結果を探す場合

鹿児島県公式サイトを開いてみてください。

(出典 鹿児島県

上部にある事業者向けの情報を整理した「事業者の方々」をクリック。

(出典 鹿児島県

「目的から探す」の「入札情報」をクリック。

(出典 鹿児島県

「入札情報」を開いてみてみます。

この「入札情報」には、概要と日程、入札公告のリンクがあります。

②かごしま県市町村電子入札システムポータルサイトから入札結果を探す方法

入札結果を探すときに開いた、かごしま県市町村電子入札システムポータルサイトを開いてみてください。

(出典 鹿児島県

ここでも「工事・委託」「物品・役務」の2つの入り口があります。

今回は「工事・委託」を開いてみます。

入札参加のチャンスを少しでも増やしたい場合は、両方ともチェックすることをおすすめします。

(出典 鹿児島県

この「発注見通し」「案件情報」に、案内があります。

それでは、この「発注見通し」と「案件情報」はどのような違いがあるのでしょうか?

発注見通し まだ正式に入札参加の募集はしていないが、近いうちに入札が行われる予定。
案件情報 現在、正式に募集している入札案内。

「発注見通し」は、かなり早く行うかどうかがわかる大規模な公共事業などの見通しです。

入札に参加する事業者も準備に時間がかかりますので、前もって見通しを掲示しています。

入札参加のチャンスを増やすために、ぜひ「発注見通し」もチェックしてみてください。


鹿児島県の入札で必須の事前準備は?

鹿児島県の過去の「入札結果」から、入札傾向を調べ、さらに今後の「発注見通し」や「案件情報」を見てみました。

もしかすると、すぐに理想的な入札案件が出てきた方も多いのではないでしょうか?
しかし、理想的な入札案内が出ていたとしても、すぐに参加できるわけではありません。

次の3つの事前準備が必要なのです。

✔︎ 準備1. パソコンとネットの環境
✔︎ 準備2. 競争入札参加資格
✔︎ 準備3. 電子入札システムの利用者登録

まだ入札に慣れていなかったり、初めて鹿児島県の入札に参加する場合は、思った以上に準備に時間がかかってしまいます。

特に時間がかかるのは、準備2.競争入札参加資格
そのため、時間に余裕をもった準備が必要です。

それでは、事前に必要な準備をひとつひとつ説明していきます。

準備1. パソコンとネットの環境

実は、鹿児島県の電子入札システムを利用する場合、鹿児島県が推奨するパソコン環境・ネット環境を準備する必要があります。

具体的には、

  • CPU、メモリ
  • OS
  • ICカードとICカードリーダー
  • インターネット接続

です。

※鹿児島県が推奨するパソコン環境ネット環境は変更される可能性があります。
※必ず最新のマニュアルで確認しましょう。

最も注意するのは、ICカードとICカードリーダーの準備。

入札は金額が大きな取引が多く、中には長期の契約もあります。
そのため、厳格なセキュリティのもと電子入札をした事業者の本人証明が欠かせません。

ICカードを用意したあとは、鹿児島県の指示する方法でICカードの登録作業も必要です。

ICカードの登録や更新作業は、書類を作成し担当課へ郵送、もしくは持参しなければいけない点も注意です。

※持参のときは提出先の担当課が開いている時間を確認しましょう。

準備2. 競争入札参加資格

最も手間と時間がかかるのが、この競争入札参加資格の取得かもしれません。

手間と時間がかかる理由は、次の3つ。

✔︎競争入札参加資格にはいくつも種類がある。
✔︎申請書類だけでなく公的な証明書を揃える必要がある。
✔︎審査に時間がかかる。

鹿児島県の入札案内には、鹿児島県が分類した種類があります。

例えば、

  • 工事
  • コンサル
  • 物品
  • 役務

などです。

競争入札に参加する場合は、どの競争入札参加資格をもっているのか?が重要です。

競争入札参加資格の種類によっては、希望する競争入札に参加できないことがあります。

審査期間は、時期や内容によっては長くなりますので、早めの準備を心がけましょう。

準備3. 利用者登録

鹿児島県の電子入札に参加するには、IDとパスワードを使って、事前の利用者登録が必要です。

鹿児島県から発行されたIDとパスワードを使って登録してください。

事前にIDとパスワードが使えるかどうか、確認しておきましょう。


まとめ

今回は、鹿児島県での自治体ビジネス拡大を検討されているみなさまに鹿児島県入札について解説しました。

最後に、鹿児島県での入札における注意点が3つあります。

✔︎ 時間に余裕をもって準備する。
✔︎ マニュアル・様式は最新版を使う。
✔︎ 〆切に注意する。

システムも鹿児島県の規則も、突然変更される可能性も少なくありません。

そのため、必ず最新版のマニュアルや様式を利用しましょう。

また〆切がある上に準備に手間がかかることもあるので、時間に余裕をもった準備をおすすめします。

もっと伸ばそう!自治体ビジネス無料資料ダウンロード

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事