入札

三重県の入札に参加したい!入札手続きや注意点などを徹底解説

三重県の入札に参加したい!入札手続きや注意点について解説

伊勢神宮など有名な三重県は、自然や観光遺産が豊富で住みやすい県として知られています。
三重県に関わりのある会社ならば、入札に参加したいと考えることもあるのではないでしょうか。

三重県の入札を手に入れるには、過去の入札結果や募集中の案件を知るのがおすすめです。
他の案件から三重県の傾向や対策を知ることで、落札に近づくこともあるからです。

そこで今回は、

  • 三重県の入札傾向を知るにはどうしたらいいのか?
  • 三重県の入札情報の集め方は?
  • 入札の流れや注意点とは?

など、三重県の入札について詳しく説明します。

三重県の入札傾向を知るには?

三重県の入札に参加したい場合、まず情報を得るのが落札への第1歩です。
傾向と対策を練るためにも、どんな入札があるのか、過去の入札結果について調べましょう。

ここでは入札情報の探し方全般について紹介します。

入札結果情報の探し方

三重県の入札結果情報は、三重県のホームページから見ることができます。

まず三重県のホームページのトップから、「電子入札」をクリックします。

三重県の入札情報

すると「三重県電子調達システム」のページに移ります。
その後はどのような入札を探すかによって、クリック先が変わります。

土木建築工事などの入札案件を探す場合はピンクの「公共事業調達(工事・委託)を、物品の売買や役務の入札案件を探すには黄色の「物件等調達(物品・役務)」をクリックしてください。

公共事業調達(工事・委託)の探し方

引き続き、建築工事といった公共事業調達の入札情報を探す方法について紹介します。

建築関係の入札情報を探すには、「三重県電子調達システム」の画面でピンクのボタンを押し、その後のページを少し下の方にスクロールしてください。
そこに出てくる「入札情報(工事・委託)」の紫ボタンを押します。

すると「入札情報サービスシステム(公共調達)」のページに移り、入札情報を見ることができるようになります。

過去の入札結果が見たい場合は「入札結果一覧」をクリックして探してみましょう。
これからの入札予定が知りたい場合は「入札予定(公告)一覧」をクリックしてください。

入札が初めて、何から見たら良いのかわからない場合は、いずれかの期間条件のみ指定しましょう。
残りを空白で検索すれば、入札全体の状況をつかむことができます。

物件等調達(物品・役務)の探し方

続いて、物品や役務の入札情報を探す方法について紹介します。

物品役務の入札情報を探すには、まず「三重県電子調達システム」の画面で黄色のボタンを押します。
その後、ページを少し下の方にスクロールし、「入札情報(物件等)」の黄色ボタンをクリックしてください。

すると「入札情報サービスシステム(物件調達)」のページに移り、そこで入札情報を見ることができます。

建築関係と同様、過去の入札結果が見たい場合は「入札結果一覧」をクリックしてください。
これからの入札予定が知りたい場合は「入札予定(公告)一覧」に進むと、入札予定の案件を探すことができます。

物品役務の場合は、期間を指定しなくてもそのまま検索が可能です。
どんな入札があるのかチェックしたい場合は入力せずに検索し、入札の概要や傾向をつかむことをおすすめします。

入札結果の読み方

入札情報を読み解くために、入札結果の読み方を知っておきましょう。

まず建築土木等の公共工事調達に関する入札結果は、以下のように読みます。

項目 説明
施工番号 入札の通し番号です 12345678
結果公開開始日 結果を公開し始める日です 令和〇年〇月〇日
工事番号/工事名 工事の番号と工事名です 令和〇年度第〇号 ○○工事
履行場所 どこの管轄かを示します ○○署管内
履行期間 履行すべき期間を示します 契約の日から〇日間
予定価格(税込み) あらかじめ決められている最低価格です
予定価格より入札価格が上回っていた場合入札はやり直しとなります
99,999,999円
入札手段 紙入札か電子入札かを示します。
三重県はほとんどが電子入札となっています
電子入札
紙入札など
入札方式 どの入札方式によるか示しています。
一般競争入札、指名競争入札、総合落札方式などが代表的なものです。
一般競争入札
指名競争入札
総合落札方式 など
落札方式 何を基準に落札するかを示しています 価格競争
契約方式 契約方式を示しています 通常
種別 工事の種類を示しています 土木工事、地質調査、コンクリート工事など
格付 入札に求められる格付を示しています。格付は業者登録のときに決定されます。 A、B など
入開札日時 入札が開札された日時です 令和〇年〇月〇日 午前〇時
入開札場所 入札が開札された場所です 三重県庁 ○○室
落札者名 落札した会社の名前です 株式会社○○
落札金額(税込み) 実際の落札金額です 88,888,888円
問い合わせ先 入札に関する問い合わせ先です。入札は各部署で行うため、入札ごとに問い合わせ先は異なります。 ○○部○○係

続いて、物品役務等の入札結果は以下のように読み解きます。

項目 説明
開札結果 開札の結果です。
入札者がいないなど何らかの理由で入札が取りやめになる場合もあります。
落札者決定
不調、取りやめ など
年度 入札の実施年度です 令和〇年度
入札方式 どの入札方式によるか示しています。
一般競争入札、随意契約方式等があります。
一般競争入札
随意契約方式 など
参加資格地域要件等 参加資格について、地域的な要件がある場合に記載します 三重県内にある本店または支店等で利用登録がある登録事業者
課所名 物品の納品場所や役務の提供場所です ○○事務所、○○高校、県庁○○部など
契約管理番号 契約の管理番号です 123456789012345678
案件名 入札の案件名です。
何の物品や役務を求めているかが明示されています
○○の購入
○○の印刷 など
同等品申請 入札で求められているものと同等の別の品でもいいかどうかを示しています。 対象
開札日時 開札した日時です 令和〇年〇月〇日 〇時〇分〇秒

三重県の入札の流れ

三重県の入札に参加するには、主に以下3つの方法があります。

  • 一般競争入札
  • 指名競争入札
  • 随意契約

それぞれ流れは異なりますが、最も代表的な一般競争入札の流れは以下の通りです。

①競争入札参加資格申請を行う 入札に参加するためには事前に、「競争入札参加資格申請」が必要です。
②入札の公告 競争性・透明性・公平性のために、広く入札参加者を募集します。
③入札 入札参加者それぞれが、金額や条件などを提示し入札します。
④落札者の決定 あらかじめ決められた方法で落札者を決定します。
⑤契約 自治体と落札者が契約します。

入札に参加するための事前準備

三重県の入札に参加するには、事前に「競争入札参加資格申請」が必要です。

そこでここでは、競争入札参加資格申請の手順を中心に、入札の事前準備について見ていきましょう。

競争入札参加資格申請の概要

三重県の入札は、ほとんどが電子入札となっています。

10万円以下の物品入札など、一部の入札は紙入札が残っています。
対して、規模の大きい入札はほとんどが電子入札のため、電子入札システムへの登録が必要です。

なお、電子入札システムを利用するには入札参加資格申請が必要なため、まずは入札資格申請を行いましょう。

三重県の入札参加資格

三重県では入札参加資格を以下のように定めています。

◆物件関係

(競争入札参加資格及び落札資格)

第3条 次に掲げる事項のすべてを満たす者は、競争入札参加資格を有するものとする。

(1)競争入札に係る契約を締結する能力を有しない者又は破産者で復権を得ない者でないこと。

(2)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第32条第1項各号に掲げる者でないこと。

(3)競争入札において地域要件を設定した場合にあっては、地域要件を満たしている者であること。

2 次に掲げる事項のすべてを満たす者は、参加した競争入札において、落札資格を有するものとする。

(1)三重県建設工事等資格(指名)停止措置要領により資格(指名)停止を受けている期間中である者でないこと。

(2)三重県物件関係落札資格停止要綱により落札資格停止措置を受けている期間中である者又は同要綱に定める落札資格停止要件に該当する者でないこと。

(3)三重県税又は地方消費税を滞納している者でないこと。

(4)競争入札に付する内容を履行するにあたり、営業許可、認可等を必要とする場合において、これらを受けている者であること。

(5)その他競争入札において契約締結権者が定める条件を満たしている者であること。

引用元:三重県物件関係競争入札参加及び落札資格に関する要綱|三重県出納局

◆建設関係

(1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規定に該当しない者。

地方自治法施行令(抜粋)

(一般競争入札の参加者の資格)

第百六十七条の四 普通地方公共団体は、特別の理由がある場合を除くほか、一般競争入札に次の各号のいずれかに該当する者を参加させることができない。

一 当該入札に係る契約を締結する能力を有しない者

二 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

三 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年法律第七十七号)第三十二条第一項各号に掲げる者

– 2 –

(2)申請を希望する各共同受付参加団体に対して、下記未納の徴収金(徴収猶予に係るものを除く。)がないこと。

① 三重県に申請する場合

ア 三重県内に本店、支店、営業所等を有する者にあっては、すべての三重県税

イ 消費税及び地方消費税

② 市町に申請する場合

ア 登録を希望する三重県内の本店又は委任先となる支店若しくは営業所等の所在地における市町税

イ 法人税(個人にあっては申告所得税)並びに消費税及び地方消費税

③ 四日市港管理組合に申請する場合

ア 三重県内に本店、支店、営業所等を有する者にあっては、すべての三重県税

イ 四日市市内に本店、支店、営業所等を有する者にあっては、すべての四日市市税

ウ 消費税及び地方消費税

(3)経営が健全であり、契約の履行が確実であると認められること。

(4)建設工事にあっては、建設業法(昭和24年法律第100号)第3条第1項の規定による建設業許可及び、同法第27条の23第1項の規定による経営事項審査を受けていること。

なお、入札(見積)、契約等に関する権限を、支店若しくは営業所等に委任する場合には、その支店若しくは営業所等において必要な許可を有していること。

(5)建設工事にあっては、健康保険法(大正11年法律第70号)第48条、厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)第27条及び雇用保険法(昭和49年法律第116号)第7条の各規定による届け出(当該届出を行う義務がない者を除く。)を行っていること(「届け出を行っていること」については、最新の経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書における社会保険等加入の有無欄により確認。)。

(6)測量にあっては、測量法(昭和24年法律第188号)第55条第1項の規定による登録を受けていること。

(7)建築設計にあっては、建築士法(昭和25年法律第202号)第23条第1項の規定による登録を受けていること(但し、暖冷房、衛生、電気、機械設備積算、電気設備積算、調査の部門を希望する場合はこの限りではない)。

(8)不動産鑑定にあっては、不動産の鑑定評価に関する法律(昭和38年法律第152号)第22条第1項の規定による登録を受けていること。

(9)不動産登記手続にあっては、土地家屋調査士法(昭和25年法律第228号)第8条第1項の規定による登録又は司法書士法(昭和25年法律第197号)第8条第1項による登録を受けていること、若しくはこれらの法律により設立を認められている者であること。

引用元:平成30~33年度 三重県・市町・四日市港管理組合共同入札参加資格審査申請書 提出要領(建設工事、測量・建設コンサルタント等)随時新規用

入札参加資格申請の詳細については以下のリンク先からご確認ください。

◆物件等

三重県電子調達システム(物件等)利用登録申込書提出要領

◆建設関係

三重県への令和2年度入札参加資格審査申請(建設工事、測量・建設コンサルタント等)の随時新規申請、申請団体追加及び業種追加の受付日程

電子入札システムの準備

入札参加資格申請を行い許可が下りると、入札への参加が可能となります。

三重県ではほとんどが電子入札のため、引き続き電子入札システムへの準備をしなければなりません。

電子入札システムを利用するためには、下記の手続きが必要です。
工事、物件ともにほぼ同様の手続きとなります。

①ICカードの購入 入札参加資格者名簿に記載された代表者名義のICカードが必要です。
三重県に対応のICカードをお持ちでない場合は電子入札コアシステム対応の認証局 より購入しなければなりません。
②ICカードリーダ等のセットアップ マニュアルを参照してパソコンでセットアップを行います。
③電子入札補助アプリの設定 各認証局から配布されたツールにより設定します。
④インターネットエクスプローラー、フォントの設定 使用するパソコンごとに設定を行います。
⑤利用者登録 利用者登録は「利用者登録(工事)/利用者登録(委託)」のそれぞれ該当するところから行います。

手順の概要はこちらから
電子入札システムへの準備|三重県電子調達システム

より具体的で詳細な手順はこちらから
事前設定手順書|三重県電子調達システム

電子入札システムへの登録が完了したら、電子入札への参加が可能となります。

三重県の入札は情報を入手してから挑もう

今回は、三重県の入札について解説しました。

三重県という自治体を相手にしたビジネスは非常に注目されており、企業にとってメリットは多いです。
参加するか迷っている場合は、プロにサポートを依頼するのも手でしょう。

また、入札を制するには情報を制するのが非常に重要です。
事前にしっかりと情報を把握し、三重県の入札に挑んでみましょう。
もっと伸ばそう!自治体ビジネス無料資料ダウンロード

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事