TOPICS

トピックス

NJSS

入札情報速報サービスNJSSの評判は?料金・使い方についても紹介

新しいビジネスの参入先として、官公庁や地方自治体などの公的機関が注目されてきています。
そして「自治体ビジネス」では「入札」というシステムが利用されますが、入札情報を集めるのは簡単ではありません。

そこでおすすめなのが入札情報速報サービス「NJSS」です。
NJSSは全国の入札情報を提供しており、入札に取り組もうと考えている方には非常に便利なサービスです。

ただし、利用する前は評判が気になりますよね。
NJSSとよく似たサービスもありますし、実際のNJSSの評判はどうなのでしょうか?

そこで今回の記事では、NJSSの概略的なところから評判、使いこなすコツまで網羅的に解説します。

NJSSとは?どんな人におすすめ?

NJSSとは?どんな人におすすめ?

NJSSとは、官公庁や自治体などの公的機関に公示されている入札案件を提供するサービスです。

実際に探してみるとわかりますが、入札案件を見つけるのは簡単ではありません。
そのため、スタートラインである入札情報の収集だけで非常に時間を取られてしまいます。

NJSSではこのような探しにくい入札案件をNJSSのスタッフが目視・手作業で確認し、わかりやすくまとめてくれています。

NJSSに入札情報がまとめられていることで、自社の条件に合った入札情報を検索でき、類似の案件が他都道府県や他機関にないか簡単に探すこともできます。

NJSSがおすすめの人

NJSSは下記のような人におすすめです。

① 入札案件を探している人
・案件収集に手間やコストがかかる
・案件見逃しが多くチャンスを逃している
・自社にマッチした案件が見つからないと感じる

② 入札に参加したことはあるが落札できない人
・落札数が少なくコスパが悪く感じる
・ノウハウがなく落札できない
・適切な入札金額がわからない
・なぜ入札できないかわからない

③ 入札チャンスをさらに広げたい人
・もっと入札に取り組みたいが時間やコストなどで限界がある
・もっと幅広い情報を得たい

④ 入札に興味があるがそもそも入札がよくわからない人
・入札について聞く人がいなくて困っている
・公的機関のサイトはわかりにくく理解が進まない

簡単に言うと「入札に参加してみたいあらゆるステップの人」におすすめ。

NJSSのサービスは非常に幅広いので、入札に詳しくない人からある程度経験のある人まで活用できます。

NJSSを導入する流れ

NJSS導入の流れは以下の通りです。

  1. 無料トライアル登録
    NJSSはまず8日間の無料トライアルを利用して、使い心地を試してから本登録に進みます。
  2. 無料サポート
    無料トライアル中は電話・メール・訪問・来社など幅広い形でサポートを受けられます。
  3. 利用方法をふまえて見積もり・申し込み
    お客様の利用方法や要望に応じて最適な料金プランを提案してくれます。
  4. 契約
    無料トライアル、要望ヒアリングを経て見積もり金額などに納得したうえで有料プランを契約します。
    なお、有料プラン移行後もサポートは継続しますのでご安心ください。

NJSSの料金プラン

NJSSの料金プランは3つあります。

ただし前述のとおり、NJSSではお客様からの要望を踏まえて料金プランを提案するので、明確な料金プランは提示されていません。
また全国の情報を見るのか、関東など一定地域の情報のみを見るのかでも料金プランは変わるようです。

全国の情報を確認するプランだと、月額5~7万円ほどが目安だとお考えください。

NJSSの評判とは?類似サービスとも比較

NJSSの評判とは?類似サービスとも比較

実際にNJSSを使ってみた人の口コミや評判を見てみましょう。

NJSSの評判を探してみると、いい評判が複数見つかりました。
具体的な一例として、以下の評判を引用します。

入札情報速報サービスを導入してから、入札情報の収集にかかる時間が数時間から数分に減りました。
また、今までチェックしたこともない機関からの情報も届くようになり、確実に機会損失を防げています。
費用対効果の高いサービスだと思います。

引用元:評判のいい入札情報サイトをおしえて下さい|教えて!goo

それ以外にも、「全く落札できなかったのにNJSSを利用し始めてから年に10件ほど落札できるようになった」「落札企業へのアプローチをすることで新規売り上げを年1000万円増やした」などの評判を見つけることができました。

参考:中小企業に国家プロジェクトを!入札情報サービスで官公庁・自治体案件を狙おう|LIG

さらに2016年10月に「がっちりマンデー!!」という番組でも取り上げられたため、より評判になったことが予想されます。

ちなみに、様々なB2Bビジネスツールのレビューをまとめている「ITreview」などもありますが、そちらにレビューはまだ書かれていませんでした。

ただし今後自治体ビジネスの浸透やサービスの浸透とともに、レビューなども増えていくと予想されます。

類似サービスの評判と比較

NJSSのように入札案件の取りまとめをするサービスはいくつかあります。

代表的なものは、以下の通り。

サービス名 NJSS 入札王 データウェアネット 入札の森
無料トライアル期間 8日間 10日間 14日間 14日間
料金(全国の入札情報の場合) 1か月4万円程度~ 1か月4.3万円程度~ 1か月4万円~ 1か月1万円~
特徴 物品役務系に強み
落札情報も検索可
建設工事系も網羅 豊富な業種カテゴリ 予定公告の掲載あり

情報の網羅性ではNJSSを推す評判もあります。

ただし無料トライアルの段階では「入札王が一番いい」という評判も見られました。
また安さでは他のサービスに軍配が上がるようです。

いずれにしてもNJSSには8日間の無料トライアルが存在するため、まずはトライアルで試してみるといいかもしれませんね。

実際にNJSSを使ってみよう!NJSSで入札するまでの流れ

実際にNJSSを使ってみよう!NJSSで入札するまでの流れ

ここまでの評判を読んでNJSSに興味を持った方もいるかもしれません。
そこで次は、実際にNJSSを使って入札するまでの流れを紹介します。

①無料版に登録する

まずは無料版に登録しましょう。
NJSSは有料プランで利用する前に、必ず無料トライアルで使い心地を試してもらうシステムになっています。

「名前」「メールアドレス」「会社名」「電話番号」「郵便番号」「住所」「業種」を入力するだけで問題ありません。

②キーワードを設定する

続いて、キーワードを設定しましょう。

キーワードを設定すると、キーワードの含まれる入札案件を毎朝メールでお知らせしてくれるようになります。

悩む場合は最初に登録した「業種」にある程度のキーワードが初期登録されているので、そこを参考してみてください。

③案件の絞り込み条件を設定する

キーワードごとに詳細な絞り込みができるので、絞り込み条件も登録しておくとさらに精度の高い情報が手に入ります。

悩んだときは、「エリア」「入札形式」「参加資格」などをチェックしておきましょう。

④キーワードを掛け合わせ設定する

より希望にマッチした入札案件を得たい場合は、キーワードと案件の絞り込み条件を掛け合わせるように設定しておくと便利です。

キーワード設定から可能ですので、登録してみましょう。

⑤今すぐ調べたいときは検索ボックスで検索する

今すぐ調べたい場合は、検索ボックスに何らかのキーワードや条件を入れて探すのもおすすめです。
一度検索するだけでも入札案件のイメージをつかめるので、まずは検索ボックスから探してみてください。

「落札会社」で検索すると、どんな案件をどれくらいの金額で落札したかをチェックできるので、適切な価格設定を知りたい方にもおすすめです。
ただし落札金額はベーシックプラン以上のみになるので、ご注意ください。

NJSSを使いこなすためのコツ4つ

NJSSを使いこなすためのコツ4つ

NJSSは入札情報が見やすい、網羅的に紹介されている、情報量も多いなどと評判ですが、使いこなすにはいくつかのコツがあります。

より多くの案件を落札したい方や売り上げを多くしたい方は、下記の4点に注意してみましょう。

①もれなく情報収集すること

入札は想像以上に数が多く、自社にマッチする入札案件は想像以上にたくさんあります。

落札したいのならば、もれなく情報収集することが欠かせません。

例えばNJSSは情報が網羅的で量も多く、特に物品役務系の入札案件に強いのが特徴です。

もれなく情報収集するためには、「類似キーワードやキーワードの言い換えも考慮して検索する」「自社がある都道府県だけでなく近隣県も考慮に入れる」「1年を通してコツコツと入札に取り組む」ことを意識してみてください。

②適切な金額設定をすること

「これは!」と思う入札案件が見つかっても、落札するには自社の利益を保ちつつ他社より安くなる、絶妙な金額設定が必要になります。

適切な金額設定をするのは落札の必要条件。
そのためには、過去の落札結果を調べるのが非常に重要となります。

NJSSは他のサービスと比べ、落札結果が検索できるのが大きな強みです。
類似の落札結果を検索し、どれくらいの金額が適切なのかを見極めましょう。

③競合・ライバルを調べること

過去など縦の時間軸でリサーチするのも重要ですが、現在の競合・ライバルといった横の軸でリサーチすることも重要です。

競合やライバルが自社よりも安い価格で応札できる技術を持っているのなら、その案件で落札するのは難しいかもしれません。
その場合は、地域をずらしたり発注機関をずらしたりすれば、落札の可能性が出てくることも。

すでに落札経験のある競合やライバルの結果を調べることで、入札の相場観を養うことにもつながります。

④ねらい目の隙間案件や遠隔案件も見ること

入札の中には発注機関が知られていないために入札参加者が少ない入札や、遠隔地にあるために入札参加者が限られている入札など、いわゆる「隙間」案件が存在します。

隙間案件は競争率が低いので落札しやすく、非常にねらい目です。

逆に文部科学省や都道府県庁などの有名団体は認知度が高いのでなんとなく参加しやすいように感じるかもしれません。
しかし実は競合が多く、落札は難しいことが多いのです。

NJSSは隙間案件について情報収集もできるので、ねらい目案件として落札しやすくなります。

また自社のある都道府県だけでなく、少し遠隔地の入札案件もチェックしていくようにするとさらにチャンスが広がります。

検索するときは幅広い視野を持って探してみましょう。

NJSSの評判は上々

NJSSの評判は上々

今回は、入札情報速報サービスNJSSの評判について紹介しました。

評判はおおむね上々で、類似サービスと比べても強みが多いといえます。

入札に参加しようという方は使って損がないサービスでしょう。

今回の記事を参考に、まずは無料トライアルから試してみてくださいね。

もっと伸ばそう!自治体ビジネス無料資料ダウンロード

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

もっと伸ばそう!自治体ビジネス無料資料ダウンロード